昨日、私の発言や態度をみかねてか友人に窘められた。
言われた時はおおよそ誰でもヒートアップしてたりするから、素直に聞き入れるとかって難しいと思うんだよね。しかも生半可な物言いだと、返って逆効果になる事も多い。例えば遠まわしにチクチク言ったり、途中で話を終わらせてしまったりっていうのは相手の為にもならないと思う。
それは自分自身でも、学生時代から後輩やらに指導する機会が多かった訳だからわかる。
そして昨夜、あまりにも大人気ない私に『格好悪いよ』って一言で、気付かせようとしてくれた友人。友人自身も呆れたりイラッときてたと思う。じゃなきゃ、あんまり人に対して言わないはず。ネットでも、現実でも相手の悪い部分やらを指摘したり窘めたりしてくれる友人って大切だ。こじれたり、不仲になってしまう事もあるしで我慢してしまう事も多いんじゃないかな〜。
私は、窘めるのは叱ったり怒るのとは違うと思っている。
怒りは相手に対してぶつけるだけに近いけど、窘めるのは諭す部分も入ってる感じがする。諭すって言葉は多分目上側から見たときに使う言葉だが、年上だろうとおかしい部分は修正方向に持っていってもらわないといけないはず。
言われる相手にもよるよね。
本当に仲がいいと思っている相手に言われれば、その時は納得いかなかったとしても後々一人になった時に気付くはず。その時に相手がどんな気持ちで言ったのかも考えないとね。言う側だってショックだったり勇気がいるのかもしれない。
どうでもいい相手なら言う必要もないし、これからも一緒に居たいからこそ言うべき事だと思いますぞ。

私は今回物凄くハッとしたしグサッときたし、正直血の気が引いた。
なぜか反発心とかはなかった気がする。
て、事は自分でもそれに気付いたって事だよね・・・(´・ω・`)
大人気ない事が大嫌いで人には言うくせに、自分がそうだったなんて・・
そういう意味でも格好悪い事この上ない。
言われる事ってなくなってたから尚更だった。
現実でもネットでも年が年だけにネエさん役みたいなのが染み付いてるしね^^;
多分、明らかにおかしいよ!!って事も多々あったはず・・・。
すいませぬ皆様・・|ω・`)

そしてこれは確かな事。
親しき仲だからこそお互いが成長出来るように心を鬼にしてでも言う場面が出てくるはず。そしてそれで離れてしまう事もあるかもしれない。私は現にネットでも現実でもその場面を通ってきた。寝れない日が続いたし、自分の方が滅入ってしまうオプション付きでね・・・。そもそも平和主義者の八方美人、そのうえ腹黒いんだからそういうの向いてないのだ(〃´o`)=3
うわ・・・なんか最悪な人間な気がしてきたw

こ、これ以上ボロが出るとまずいので退散!(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)

とにかく、言ってくれる友人こそ大切にしなければならないって事ですぞ^^
きっとその『ありがたみ』に感謝する時がくるものなのです。