私はおそらくこのブログを始めてから何度も言ってきた事。
『言葉の大切さ』
言葉は凶器にもなる。人を簡単に傷つける事も落ち込ませる事も出来る。
その代わり相手を想う心を込めれば、楽しさや安心感、幸せだって与える事ができると思う。
だからこそ安易な事を言うと歪が生じる事が多い。
自分にとっては大した事でなくても、同じ人間じゃないから相手にとっては取り方が違う。
例えばカッとなってたり、自暴自棄になってたり、自分しか見えてない時。
多分頭は何かに囚われそれしか見えてない状態になりやすい。そういう時って一番危険だし、最悪な結果になる可能性も高い。そういう時以外も言葉を相手と交わしている限り、いつ何時相手を傷つけてしまうか解らない。ただある程度自分自身で『これ以上は・・』とか『これを言ったらいけない』とかってラインがあるよね。
そこで踏み留められるか否か・・・。
以前に水葉姫が、『言葉を発する前に一呼吸置けるように....』って話した事があるんだけど確かにその通りだと思う。周りが見えなくなってる時に一呼吸って難しいだろうけど、それが出来なければ最悪な結果が手招きするかもしれない。

あと私と接する方へw
私は上辺だけの言葉は嫌いです。
『テキトーに付き合って行けばいいや』
って考えはこちら側にはない訳で、反対にそう思ってる方とは付き合えません^^;私は現実友人もネット友人も同じくらい好きだし大切です。ぶっちゃけネット友人の方を大切にしてる部分あります。だから悪い癖が出て深入りしそうになる時もあります。気をつけてはいるんだけどね・・・。やっぱその辺りは人によって違うから難しいですな(/´△`\)
まぁ最初からすぐには無理だろうけど、言いたい事も言えず、本当は思ってもいない事を口にしたり、お互いを大切だと思えないっていうのは、寂しい友人関係でしかないと思いますぞ。